the meister

metal app studio Demold

demold : ひとりの力が、山をも動かす

As the name states, Eisaku Ko-bo (Eisaku Workshop) is a small workshop established by Sato Eisaku. Although the name reminisces a privately run business, the workshop in fact, is a new form of business team created by FUJIOH, the top shared household rage hood company. The motivity behind the team led by Sato Eisaku, one of the finest artisans in the company, is his enthusiasm and the power to convey it into words.

metal app studio Demold(ディモールド)。家庭用レンジフードの製造・販売で国内トップシェアを誇る富士工業グループ(FUJIOH)が立ち上げた新規事業開発チームだ。佐藤栄作という社内屈指の職人が長をつとめるチームの原動力は、彼の情熱とそれを表現することばの力にある。

双円アイテム

Pioneering the possibility of metals / 金属の可能性を開拓する

Dedicated to Sato Eisaku, Eisaku Ko-bo is a team of bespoke metal crafting specialists. The small team of elites investigates the possibility of metals daily, by applying their skills derived from rangehood production. The wall of famous chocolatier “Jean Charles Rochoux” from Paris, and “Yokamon market” in Kumamoto Sation, are all good examples of their masterpiece. Needless to say all of the above is an entirely new, unexperienced genre for them. Unrelated to rangehoods, none of the above holds production background by metal processing Thus the development must be undertaken in a bespoke condition, and the team exerts their compatibility and imagination, along with technology.

佐藤栄作氏をはじめとするオーダーメイドの金属加工を手がけるスペシャリスト集団、Demold。少数精鋭のチームで、レンジフードの製造で培った技術をまったく異なるジャンルで活かし、金属の持つ可能性を日々探求している。たとえば、パリに本店を構えるチョコレートショップ「ジャン-シャルル ロシュー」やJR熊本駅肥後よかもん市場の壁面。世界的にその名を轟かせるライゾマティクスらと共に手掛けた共感覚体験装置である椅子の筐体制作。レンジフードとは異業種、異ジャンルであるばかりか、これまでに金属で作ったことのないプロダクトばかりだ。それゆえオーダーメイドで開発を行う必要があり、彼らの技術力だけでなく、発想力や対応力も試される。

双円アイテム

Translation of technique / 技術をことばに変換する

Mr Eisaku clearly states that they do not just directy follow orders for development. “Each technique is similar to living cells. The combination of skills, the orders, the applied force affect the form of the final product. nothing special is needed in order to create something entirely new, but flexible use of one’s current skill is essential. The ability to express his immaculate creativity and skill remarks him as a peerless engineer. Going beyond “Just a craftman in a company” but his social skill and the ambition to expand the possibility towards crafting is particularly mind blowing, and at the same time, it is fair to think how he owns a factory named after Mr Eisaku himself.

ただ、オーダーに合わせて新しい技術を開発するわけではないと栄作氏は言う。「一つ一つの技術は細胞のようなもの。既存の技術の組み合わせ方、用いる順番、強弱の付け方次第で、目にもなれば口にもなるんです。今までにないモノを作るには、特殊な技術は必要なく、持っている技術をいかに柔軟に使いこなすかが大切です」。栄作氏と話しているとこうした力強い言葉が次々と溢れてくる。技術にも長け、発想も豊かだが、その両方をきちんとことばで表現して周りに伝えられるのが、彼が唯一無二の技術者たらしめている。企業内のいち職人という立場にとどまらず、さまざまな人と出会い、ものづくりの可能性を広げることに心を砕く。自身の名を冠した工房を持つのもうなずける。

双円アイテム

The essentials of being an artisan / 良い職人である必要条件

“One’s knowledge is limited. I think making no occasion for inputting keeps you away from becoming a mastership.” As he stated, we went through several meetings during the development of our wine-cooler. As a result, the product had several techniques similar to that of rangehoods. Coating applied has a same colouring as of rangehood. After colouring, clear coating is applied to give the products’ iconic gloss, and some goes through polishing to give a matte finish. Our Wine-coolers are a pioneer for Soen expand beyond a kitchenware brand. Eisaku’s word and the technique that fleshes out, stimulates Soen’s growth and raises its possibility.

「個人が知っている範囲なんて狭いですから。インプットする機会を作らなければ良い職人にはなれないと思います」。そのことばどおり、ワインクーラーの開発においても、栄作工房の皆さんとは何度も会話し打ち合わせを重ねた。その結果レンジフード製造と同じ技術を採用した部分も少なくない。塗装にはレンジフードのカラーリングを応用。カラー塗装を施した後、ワインクーラーにはさらにクリア塗装を行うことで独特の艶感、研磨を行いマットな質感をプラスした。ワインクーラーは双円ブランドにとって食器という枠から一歩踏み出す製品だ。彼のことばの力とそれを裏付ける技術力は、双円に新たな強みと可能性をプラスしてくれる。

双円アイテム
双円アイテム