ABOUT US

双円とは

双円はシェアするブランド。
異業種・異素材のスペシャリストがさまざまなシェアをとおして、
日本のものづくり力や美しい文化を届けていく
新しいプラットフォームです。

双円 仕組み

1.かたちをシェアする

双円はひとつの「かたち」を異素材で展開していきます。
素材が変われば印象も特長も異なる一方
同じかたちだからこそ美しい一貫性が備わります。
そこに、選び、揃え、使う愉しさがあり
ものが持つ多様な魅力と可能性を伝える力があると考えています。

かたちはシンプルに心惹かれるライン。
日本で生まれ育った日本人としての美意識に立ち返った時に
愛らしく美しいふたつのまるが自然と立ち上がってきました。
心が和み、どこか懐かしさのあるふたつのまるは
使う人の心に柔らかに寄り添うフォルムを大切にしました。

2.販路をシェアする

プロダクトデザインとは、製品のかたちを生み出すだけではなく
使う人に愛されるものを「育てる」過程も含むと私たちは考えます。
かたちを届け、育てるまでをデザインしたブランドを目指し
双円は誕生しました。

そのための方法が「かたち」という共通コードを持つことです。
異業種も異素材も「かたち」を軸にしてつながり
「双円」というブランドをシェアし
互いのツールやアイデアをシェアしながら、互いの販路で
互いが作ったものを販売しています。
双円が大切にしたいのは
関わる誰もがフラットな関係でつながっていること。
その関係から生まれた販売方法が
手に取る人に「こんなところにも双円が!」という驚きや愉しみを
提供していきます。

3.日本のメーカーと協業する

双円は日本のスペシャリストと共に歩むブランドです。
日本の手しごとのこまやかさ。
ものづくりにかける情熱。
長く愛用できる高い品質。
それらは世界に誇る力であり
「大切に使いたい」と思える心が宿っています。
素材を知り尽くしたスペシャリストと協業することで
日本の産業を底上げしながらブランド力を育てていきます。

双(so)はふたつ、円(en)はまる。
ブランド名には、ブランドを象徴するかたちを表現しながら
縁を創る「創縁(so-en)」、円を奏でる「奏円(so-en)」など
一つの解釈にとどまらない広がりやつながりの意味も込めました。

器からはじまり、次にこのかたちから何をつくるか。
衣食住、暮しにかかわるすべてに「双円」が寄り添い
使う人から愛されるブランドになることを願いながら
ものづくりへの情熱を絶やさず、一歩ずつ邁進していきます。

双円 アエテオフィス

aeteとは

aeteはデザインを通して暮らしを豊かにする会社です。

業務はプロダクトやグラフィックデザインの領域だけでなく多岐に渡りますが、大きく分けるとふたつ。
お客様からの依頼を元に活動するCLIENT WOKSと、aeteが自ら運営するBRAND WORKSです。

CLIENT WORKSでは、ものづくりはすべて誰かへの贈り物であるという考えのもと、
クライアントの要望を叶えることはもちろん、その先のお客様の心に響くデザインの提案や
コンサルティング、PR業務、ブランド開発を行っています。

一方のBRAND WORKSでは、デザイン会社であるaeteが“ブランドホルダー”として
コンセプトの立案からデザイン、製造販売、広報・PR活動までを一貫して行います。
自らブランドを保有し、職人がものづくりに集中できる環境を整え、お客様との接点を持つことで、
より深い洞察力と広い視野で、デザインに対しての責任と可能性をより深化させていきます。

今までにない、ものを、考えを、価値を、“あえて”追求する強い意思を持ち、
自らのブランドとして「双円」を運営するという挑戦を通して、
これからの日本のものづくりと私たちの暮らしに欠かせないデザインの原動力と推進力を培っていきます。

PROJECT MEMBER

【能作(のうさく):錫(すず)】
富山県高岡市の鋳物メーカー。伝統的な鋳物技術とモダンなデザインによる錫製品は世界で支持される。
【Sghr(スガハラ):ガラス】
千葉県九十九里町に工房を構えるガラスメーカー。ハンドメイドにこだわり、オリジナルの色ガラスにも定評がある。
【NAGAE(ナガエ):陶磁器】
愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー。商品開発、製造だけでなくブランディングも行うなど活躍の幅は広い。